ブーツにはどんなものがある?

ブーツというのは本来は足を守るために作られているものです。例えば登山靴や雨靴のようなものですね。それがファッションに取り入れられるようになって最近では冬には欠かせないアイテムになっています。ほとんどの方はこんなことはご存じだろうと思いますがとりあえずどんなタイプのものがあるのか調べてみました。長さによって呼び方が違います。長い方からいくとニーハイブーツに代表される膝より上まであるスーパーロングというものがあります。この中でも長さによって4種類ほどあります。それから膝下までのロングブーツです。冬になるとよく見かけるタイプですね。それからハーフブーツになります。これは踵から膝のちょうど中間あたりまでの長さのものです。それからショートブーツになります。それより短いアンクルブーツというものもあります。これは数年前からブーティと呼ばれているようですね。最近人気が高いのはムートンブーツでしょうか。これは羊の毛皮を使ったものでかなり暖かいものです。これらは基本的には革で作られていますのでお手入れには手間がかかります。ですがこのお手入れをちゃんとやっていれば長期間使えるものもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加