フライトジャケット

フライトジャケットというのは簡単にいえば飛行機に乗るときに着用するものという事になります。想像しづらいですよね。昔の飛行機というのは外気に直接さらされていてとても寒かったらしいんです。そこで防寒着を着たのですがあまり厚着をすれば操縦がしづらくなります。そこでその頃に外気を遮断してくれるものといえば革だったんです。それでレザージャケットを着るようになったんです。それがフライトジャケットです。飛行機が作られてしばらくすると戦争が起きます。第一次世界大戦です。その頃はまだそんなに高いところは飛んでいませんでしたからバイク用に毛が生えたようなものだったようです。それが第二次世界大戦の頃になるとムートンジャケットや中には電熱線入りのものなどが登場したようですね。このころになると機能的にも大変優れたものが使われていました。例えばA-2などは大戦前から使われていたようです。それにB-3なども同じですね。それからB-15などのナイロン製のものに変わっていきます。ジェット機の時代になり有名になったのがMA-1です。今では耐熱アラミド繊維を使ったものが採用されています。この繊維の商品名はノーメックスといいます。聞いたことありませんか。これらのジャケットはバイクに乗るときにはとても重宝しますので人気も高いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加